オムツ☆マン:改

車椅子犬ルドルフ&穴開き心臓サマンサのぐうたらな日常(*ノ∀`*)

Entries

分離不安症予備軍?

ここ数日のルドルフのパニクリ具合からして
もしかして・・・
『分離不安症』なの???
と、思いはじめていた。

厳密に言えば
ルドルフに対しこの心配したのは2回目。

引き取って
帰って来た直後、すでにこんな状態( *´艸`)
14-0417-01.jpg

思い返すと
ケントは明らかに『分離不安症』だったのではないかと。
14-0417-02.jpg

常に、かずおちゃんの膝の上。
留守番させれば、家中掻き回してたっけ。

ま、
彼の場合は
重度の難聴(というより全聾だったような)と
右目の視力は無く、左目も光の明暗+α程度。

勝手知ったる家の中では王様だけど
一歩外へ出たらもう
借りてきた犬もいいとこ(;^ω^)

旅行先だと、あたしの手からしか
モノが食べれない。

動作しない身体機能だけでなく
おもいっきり甘やかしてたことも
分離不安症の要因のでもあっただろうし。

先天性のケントとは違い
5才過ぎてから歩けなくなったルドルフにとっては
“こんなハズじゃなかった・・・”
とまで思わなくても
“どうして?どうしてこんななんだろ?”
くらいは感じてただろう。

その状態で4ヶ月クレート生活送っちゃえば
得体の知れない不安に苛まれても当然だろう。

縁あって
あたしの犬になって
最初の数日、、、よく寝てた(。´pq`)クスッ
あたしも一緒に、よく寝てた(」・∀・)」 オーイ!!
14-0417-03.jpg

心身の健康を損なうと
睡眠という自然治癒には欠かせない機能が働くだけに
ルドルフがよく眠ってたのは
ソレもあったんだろねぇ~

可愛くて仕方ないのも手伝って
事ある毎に、いぁ何も無くたって
いちいち抱っこしてた(*´ェ`*)

今もしてるなぁ。。。

抱かなければ困る状況もあるので
必然性がある抱っこを除いたとしても

構いすぎやんけ、あたす(ΘェΘ;)

分離不安症の原因は
犬の性格より飼い主の責任のほうがでかい!

マテよ?(←余談だが、あたしはマテが苦手(゜-゜)プププ

分離不安症について情報収集したいくつかのサイトで
だいたい目にした『症例』には
ルドルフ当てはまらないモンのほうが多いやん!

嗚呼、取り越し苦労の疑心暗鬼(´д`;)

そうよね、そうそう
『病は氣から』っていうもんね。

不安が進行して病んじゃうと
下手な病名みつけてきて
その病名に酔っちゃうんだよ。
最悪は不都合の逃げ場にしちゃう。

そもそも
音が怖いだけだったのよー

ごめんルドルフ
あんた、ただの甘ったれでビビリーなだけ
ルン子と同じ(笑)

勝手に心配して氣を揉んでたあたしを見て
ルドルフのほうが心配してた節もある(ノ∀`)アチャー

犬と暮らして
学ばせてもらってるのって
人間のほうだわさ(*・`o´・*)b


あたしもタマには悩むコトあるんですわ。
以前に悩んだのがいつだったかは忘れちゃったケド(笑)


「犬は神様だ!」とかずおちゃんは言ってます。
ぅん((´д`*)ぅん
と、うっかり頷いちゃった方
よろしくお願い申し上げまするー<(_ _*)>
 ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 リハビリへ にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

 

わかります!私も分離不安ぎみです〜(;^ω^A
ケント君も難聴&ほとんど視力が
なかったのですね。
最初の子がダブルマールで、
大変な事も沢山あったと思います。
きっと色々と勉強されたのでしょうね。
私なんて4ムスメ目でもワタワタです。
最初の頃は甘やかせ過ぎで主人からいつも
怒られてました(p´エ`;*)
今でも家あけるのがコワイです。
→先日、爪とれちゃったしo(TωT)o
  • posted by アイアイ 
  • URL 
  • 2014.04/19 00:00分 
  • [Edit]

☆彡アイアイさま 

もー、アイアイさんてば
あたしのこと買い被り過ぎですよぉ(」´Д`)」オォ━━━━━━!!

ケントと出会った頃は
デジカメが世に普及する前ですから
今より情報も資料もありませんし
何よりあたしが何もしておりませんの(大笑)

『犬は外(`д´o)』を断固として譲らない母に黙って
コッソリあたしの部屋で飼ってたんです(。´pq`)クスッ
バレたとき2週間経っていたので、永住権を得たコです。

先住犬のお庭番トキちゃんに会わせても、特に反応無く
耳の障害に気付いたのなんて
結構、大きくなってからなんです(ノ∀`)

ただ、ケントを譲ってくれた方には
もの凄い勢いで、事ある毎に質問してました。
その都度親身になって頂けて
病院へ同行してくださったこともあったり等
兎に角、その方のサポートがあったおかげで
今、犬と暮らせている私が居ます。

爪事件は、ヒヤヒヤしながら読ませて頂いてました。
傷も落ち着いて、良かったですね♪

そうそう、コメしそびれたのでココに記しちゃいますが
ケントが皮膚の壊死を起こして消毒しまくってた時期に
獣医師に聞いたのですが
うがい用と消毒用のイソジンは
主成分は同じでも、濃度と混合物が違い
消毒用を薄めてうがいは出来ても、逆は不適だそうです。

  • posted by 純子ねぇ 
  • URL 
  • 2014.04/19 16:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

純子ねぇ

Author:純子ねぇ
・‥…━…‥・‥…━…‥・

すでに犬が居た家に産まれ
常に犬に守られ
無駄に大きくなりました(汗)

犬たちを守るため
BOSSやってます
Familyですが
Parentsではありませぬ

好きな言葉は
『ありがとう』
『いただきます』
『ごちそうさま』

ラフとルーズの間を
彷徨っていますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ウソはつきませんが
ホラは吹きます∩(・∀・)∩ィェィ

・‥…━…‥・‥…━…‥・

◎シェルティの方々
 - 現 役 -
♂ルドルフ[Rudolf]
 *トライ
p6rudolf2.jpg
 2006.6.28生
 2011.12.24より同居
 意外と暴君な坊ちゃん
 椎間板ヘルニアにより歩行難故
 2014.11~車椅子オーナーとなる
 のんびりマッタリ リハビリ中♪

♀サマンサ[Samantha]
 *ブルーマール
p7samantha2.jpg
 2014.2.14生
 2014.12.06より同居
 なんでも氣になるおしゃまさん
 生後11ケ月で
 PDAの大手術を乗り越え
 毎日元気に爆走中♪

・‥…━…‥・‥…━…‥・

 - 虹の橋のたもと在住 -
♂ケント[Kent]
 *ダブルマール
p1kent.jpg
 1992.7.18生
 1992.11月初旬より同居
 かずおちゃんの腰巾着で
 全聾右盲とは思えないハイパワー
 享年7才11ヶ月

♀シンディ[Cindy]
 *ダブルマール
p2cindy.jpg
 1992.7.18生
 1998.8月中頃より同居
 ケントの同胎の妹、食の猛者
 御妖怪(オヨウカイ)の異名を持つ女帝
 享年13才9ヶ月

♂スター[Star]
 *ブルーマール
p3star.jpg
 1993.1.29生
 2000.8月中頃より同居
 必ずギリギリ触れない傍に居た 
 いつもニコニコ笑顔の爺ちゃん
 享年15才5ヶ月

♀ルンルン[Lunlun]
 *バイブルー
p4lunlun.jpg
 1997.7.20生
 2000.8月中頃より同居
 見た目は貴婦人中身は・・・(笑)
 老後でも足腰の強さは桁外れ
 享年15才8ヶ月25日

♂マイロ[Milo]
 *クリプティックブルー
p5milo.jpg
 2001.5.13生
 2002.3.17より同居
 ボール大好き=破壊が趣味(笑)
 氣にしぃで優しい永遠のボクちん
 享年9才11ヶ月16日

・‥…━…‥・‥…━…‥・

◎犬ではない方々

♂まむ犬[まむけん]
 お犬様たちの音入れ係り
 外見や気配は
 (c)カピバラさん
 いえいえ大事な資金源(ё_ё)

♂かずおちゃん[親父殿]
 (旧:おとたん)
 ブルーマールヘアーの老人
 『犬は神様』と言い放つ
 犬に寄って来られる体質

・‥…━…‥・‥…━…‥・

いつでも 里親募集中

オムツ☆マン:改@ブログ村

検索フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

いま何時?

インフォメーション

お越し頂き
ありがとうございます<(_ _*)>
当ブログ読み逃げ歓迎♪
叱咤激励、お気軽にヽ(´▽`)/
過去記事コメントノープロブレム!
  でーすーがー

* 記事内容と関連していない
* あいさつオンリー
* 個人情報絡み
* 連絡 * 質問。。。等
の内容は

メールか鍵コメにて
( *´ノェ`)コチョーリお願いします

今後とも どうぞ御贔屓に♪

業者・宣伝・残念…と判断した場合
削除対象となります(ノД`)シクシク

images.jpg

Instagram

ブログとは違う写真や
フライングでの公開を
ホソボソとボチボチ♪

glyph-logo_May2016.png

QRコードじゃ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

みなさまありがとう