オムツ☆マン:改

車椅子犬ルドルフ&穴開き心臓サマンサのぐうたらな日常(*ノ∀`*)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『最後だとわかっていたなら』

ケントのことでも
14-0911-01.jpg

シンディのことでも
14-0911-02.jpg


スターのことでも
14-0911-03.jpg

マイロのことでも
14-0911-04.jpg

ルンルンのことでも
14-0911-05.jpg

『最後だとわかっていたなら』
とは思うが。。。

それは
これからお伝えする“詩”のタイトルです。

私が知ったのは、テロ事件から5年後故
有名な詩ですから
ご存知の方も多いかと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この詩の作者は
2001年のアメリカの同時多発テロで、
貿易センタービルに一機目が激突したあと
救助のために 最初にビル内に突入した
数百名のレスキュー隊のお一人
行方不明になってしまった29歳の消防士です。
この詩は
彼が事件の2週間前に書いていたものだそうです。

14-0911-06.jpg 14-0911-07.jpg

『最後だとわかっていたなら』ローラ・ホートン

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって 毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがえたことも やり直す機会が
いつも与えられている

「あなたを愛している」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることも
いつだってできる

でも もし それがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや 抱擁や キスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと

忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

神様からいただいた今日一日を精一杯生かされてゆきたいと願います。

             和訳:佐川睦

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

☆激突後写真の向かって右
 まだ炎が上がっていない写真は
 Exif情報が削除されずに残っています。
 撮影日が『2001年9月11日10:27』となっていますので
 激突されてから約1時間半後の貴重なデータです。


ボキは現役でし。。。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

来訪ありがとうございます♪
あなたに良いことたくさんありますように(*´∀`*)

※原文を続きに載せておきます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

"If I Knew It Would Be the Last Time" by Laura Horton

If I knew it would be the last time
that I'd see you fall asleep,
I would tuck you in more tightly
and pray the Lord, your soul to keep.

If I knew it would be the last time
that I see you walk out the door,
I would give you a hug and kiss
and call you back for one more.


If I knew it would be the last time
I'd hear your voice lifted up in praise,
I would video tape each action and word,
so I could play them back day after day.

For surely there's always tomorrow
to make up for an oversight,
and we always get a second chance
to make everything right.

There will always be another day
to say our "I love you's",
And certainly there's another chance
to say our "Anything I can do's?"

But just in case I might be wrong,
and today is all I get,
I'd like to say how much I love you
and I hope we never forget,

Tomorrow is not promised to anyone,
young or old alike,
And today may be the last chance
you get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,
why not do it today?
For if tomorrow never comes,
you'll surely regret the day,

That you didn't take that extra time
for a smile, a hug, or a kiss
and you were too busy to grant someone,
what turned out to be their one last wish.

So hold your loved ones close today,
and whisper in their ear,
that you love them very much and
you'll always hold them dear.

Take time to say "I'm sorry,"
"Please forgive me," "thank you," or "it's okay".
And if tomorrow never comes,
you'll have no regrets about today.

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

 

行きに元気に行って、帰って来なかった。
魂の数々。
あの時、何故、あんな言い方や最後の言葉が
なんであれだったんだろうと、また、後悔したくないので。
行ってらっしゃいの時は絶対に、笑顔では、いたいと思ってます。
  • posted by Taku♪ 
  • URL 
  • 2014.09/12 00:55分 
  • [Edit]

 

この詩、座右の銘というにはちょっと長いけど
常に自分の心の内にあります。
もしも自分が明日の朝目が覚めて
その時にゆきが傍らで冷たくなっていたとしても
後悔することのないようにと自分に言い聞かせて。
  • posted by もんちゅちゅ 
  • URL 
  • 2014.09/12 10:37分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/12 11:36分 
  • [Edit]

☆彡 Taku♪さま 

みなさん色んな経験や想いがあるから
それを乗り越えてきているから
今の笑顔があるんですよね。

だから『無垢な笑顔』の犬に
癒されるんじゃないかなぁと。。。
  • posted by 純子ねぇ 
  • URL 
  • 2014.09/12 12:27分 
  • [Edit]

☆彡 もんちゅちゅさま 

あたくし
幸か不幸か?後悔という物事の概念が
薄いというか乏しいというか・・・
だからといって、
全力疾走してるわけでもないのですが。

今日の坊ちゃん、朝からよく動くし
いつもよりカワイイ顔していたので
嬉しくなっておりましたが
そもそも、朝から機嫌が良かったのはあたくし。
犬の勘の良さは侮れませんね。

この小さな幸せのために
いつも心に太陽を!
いつもおなかにふかしいも!
  • posted by 純子ねぇ 
  • URL 
  • 2014.09/12 12:38分 
  • [Edit]

☆彡 内緒さま 

お知らせありがとうございます。
直返しさせてイタダキました<(_ _*)>
  • posted by 純子ねぇ 
  • URL 
  • 2014.09/12 12:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

純子ねぇ

Author:純子ねぇ
・‥…━…‥・‥…━…‥・

すでに犬が居た家に産まれ
常に犬に守られ
無駄に大きくなりました(汗)

犬たちを守るため
BOSSやってます
Familyですが
Parentsではありませぬ

好きな言葉は
『ありがとう』
『いただきます』
『ごちそうさま』

ラフとルーズの間を
彷徨っていますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
ウソはつきませんが
ホラは吹きます∩(・∀・)∩ィェィ

・‥…━…‥・‥…━…‥・

◎シェルティの方々
 - 現 役 -
♂ルドルフ[Rudolf]
 *トライ
p6rudolf2.jpg
 2006.6.28生
 2011.12.24より同居
 意外と暴君な坊ちゃん
 椎間板ヘルニアにより歩行難故
 2014.11~車椅子オーナーとなる
 のんびりマッタリ リハビリ中♪

♀サマンサ[Samantha]
 *ブルーマール
p7samantha2.jpg
 2014.2.14生
 2014.12.06より同居
 なんでも氣になるおしゃまさん
 生後11ケ月で
 PDAの大手術を乗り越え
 毎日元気に爆走中♪

・‥…━…‥・‥…━…‥・

 - 虹の橋のたもと在住 -
♂ケント[Kent]
 *ダブルマール
p1kent.jpg
 1992.7.18生
 1992.11月初旬より同居
 かずおちゃんの腰巾着で
 全聾右盲とは思えないハイパワー
 享年7才11ヶ月

♀シンディ[Cindy]
 *ダブルマール
p2cindy.jpg
 1992.7.18生
 1998.8月中頃より同居
 ケントの同胎の妹、食の猛者
 御妖怪(オヨウカイ)の異名を持つ女帝
 享年13才9ヶ月

♂スター[Star]
 *ブルーマール
p3star.jpg
 1993.1.29生
 2000.8月中頃より同居
 必ずギリギリ触れない傍に居た 
 いつもニコニコ笑顔の爺ちゃん
 享年15才5ヶ月

♀ルンルン[Lunlun]
 *バイブルー
p4lunlun.jpg
 1997.7.20生
 2000.8月中頃より同居
 見た目は貴婦人中身は・・・(笑)
 老後でも足腰の強さは桁外れ
 享年15才8ヶ月25日

♂マイロ[Milo]
 *クリプティックブルー
p5milo.jpg
 2001.5.13生
 2002.3.17より同居
 ボール大好き=破壊が趣味(笑)
 氣にしぃで優しい永遠のボクちん
 享年9才11ヶ月16日

・‥…━…‥・‥…━…‥・

◎犬ではない方々

♂まむ犬[まむけん]
 お犬様たちの音入れ係り
 外見や気配は
 (c)カピバラさん
 いえいえ大事な資金源(ё_ё)

♂かずおちゃん[親父殿]
 (旧:おとたん)
 ブルーマールヘアーの老人
 『犬は神様』と言い放つ
 犬に寄って来られる体質

・‥…━…‥・‥…━…‥・

いつでも 里親募集中

オムツ☆マン:改@ブログ村

検索フォーム

右サイドメニュー

検索フォーム

いま何時?

インフォメーション

お越し頂き
ありがとうございます<(_ _*)>
当ブログ読み逃げ歓迎♪
叱咤激励、お気軽にヽ(´▽`)/
過去記事コメントノープロブレム!
  でーすーがー

* 記事内容と関連していない
* あいさつオンリー
* 個人情報絡み
* 連絡 * 質問。。。等
の内容は

メールか鍵コメにて
( *´ノェ`)コチョーリお願いします

今後とも どうぞ御贔屓に♪

業者・宣伝・残念…と判断した場合
削除対象となります(ノД`)シクシク

images.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

Instagram

ブログとは違う写真や
フライングでの公開を
ホソボソとボチボチ♪

glyph-logo_May2016.png

QRコードじゃ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

みなさまありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。